基礎代謝を上げる方法



ダイエットに影響する基礎代謝

体脂肪を減らして痩せようと運動する時には、「カロリーをどれだけ消費できるだろう」と想像することがよくあると思います。しかし、実際のところ、かなり激しい運動や長時間の運動をしない限り、そんなに大きなエネルギー消費にはつながっていません。

 

実はカロリーをもっと効率よく消費するには基礎代謝の影響の方が大きいのです。一見運動の方が効果は高そうにも思えるのですが、日常生活の中でそんなに何もしていない時の方がエネルギー消費は大きいわけで、以外かもしれませんが、これは心臓を動かしたり体温を保つなどの基礎代謝が、体脂肪にも深く関係しているということです。

 

つまり、血行を改善したり、しっかり呼吸をするなどの改善でもっとカロリー消費は大きくなり、脂肪ではなく筋肉をつけることにもつながります。

 

基礎代謝は年齢と共に減少する傾向にあるものですが、適度な運動をすることで、その減少を抑制することはできます。ここでの運動はカロリーを消費するためではなく、筋肉が衰えないようにすることが目的であり、筋力アップで基礎代謝もアップさせようということです。

 

特別にジムに行って行わなくても、腹筋や腕立て伏せ、ダンベルなど、家庭で手軽にできるものでも効果は充分にあるようです。